分離用超遠心機

 

型式・メーカー

CP80NX, HITACHI

設置場所

 ゲノミクス棟2F P1機器分析室

説明

冷却装置(温度制御:0~40℃)や真空ポンプなども備えられている
スイングロータが附属しており、非常に高速で分離が可能
最大回転速度80,000rpm、最高遠心加速度615,000×g(P80ATロータ使用時)

附属品

スイングロータP50S2(最大回転数50,000rpm、容量:5mlx6本)
スイングロータP28S(最大回転数28,000rpm、容量:40mlx6本)
アングルロータP50AT2(最大回転数50,000rpm、容量:40mlx12本)

要予約