シークエンサー

IMG_5949

型式・メーカー

3500Genetic Analyzer, Applied Biosystems

設置場所

ゲノミクス棟2F P1機器分析室

説明

シーケンス解析およびフラグメント解析に対応
1日に最大88サンプルの解析が可能(1ランあたり8サンプル解析可能)

【解析可能な塩基長およびランタイム】

読取塩基数の中央値 KB QV20 CRL値 ランタイム
約1000bp 約850bp 約125分
約750bp 約700bp 約65分
約600bp 約500bp 約40分
約325bp 約300bp 約30分

シーケンス解析を依頼する時には、メールに塩基長を書いてください。

注意

バイオサイエンス教育研究センターでは、受託解析を行っております。
学内専用サイト「シークエンスおよびフラグメント解析関係」を、ご覧ください。
※フラグメント解析用のStandardは依頼者側でご用意いただき、反応後にサンプルを提出してください。フラグメント依頼時のプレートは必要枚数分をお貸ししますので、お声かけください。