分子間相互作用解析装置

IMG_4401

型式・メーカー: Biacore X, GE Healthcare

設置場所: ゲノミクス棟2F P2共通利用実験室

説明:
分子間の相互作用を解析する装置 ⇒ 生体分子が何かと結合・解離する機能(反応)を明らかにする
(アプリケーション例)
1)抗体評価、2)DNAとたんぱく質の特異的な結合、3)低分子のキャラクタライズ、4)精製たんぱく質の活性チェック、etc
(相互物質例)
1)抗原 – 抗体、2)酵素 – 基質、3)糖鎖 – レクチン、4)核酸 – 核酸、5)核酸 – たんぱく質(調節因子)、6)シグナル伝達系、7)ホルモン – レセプター、8)接着因子など

無料オンライン講座 https://lifesciences-ac.com/ (会員登録が必用です)
【はじめての分子間相互作用解析】
1. 分子間相互作用解析とは
2. Biacoeテクノロジー、測定・解析方法
3. Biacoreアプリケーション例
4. カロリメトリーとは