植物生理学会@札幌

今年の日本植物生理学会は札幌です。数年前にやったような・・・と思っていたら、前の大会は10年も前の話でした。時間経つの早い。今回の学会の目玉は・・・ノーベル生理学・医学賞を受賞された大隅先生です。
こんなに学会の会場が満杯なのは久しぶりです。。。しかも、話しはとても聞き応えがあり、歴史と研究の情熱を感じました。40歳を過ぎてからオートファジー研究は始まったということで、それから30年後にノーベル賞ですから凄いです。自分にはとても刺激になりました。
次の日に、ケミカルバイオロジーのシンポジウムがあり、同じ会場で発表させて頂きました。会場が広くて、しかも、最終日の朝からでしたが・・・たくさん聴衆の方々に会場に足を運んでもらいました。皆様、ありがとうございました。また、同世代で発表されたスピーカーの研究内容は色とりどりで本当に素晴らしく、自分は、もっと頑張らなければと、同世代の発表からも刺激を受けました。