研究指導分野

当研究室では、植物の生長生理現象を分子のレベルで研究しています。「植物ホルモン」という低分子の天然生理活性物質を単離・定量したり、その生合成やシグナル伝達に関与する「遺伝子」を解析しています。したがって、研究指導が可能な専門分野は、微量生理活性天然物の分析法と生理学的研究手法、そして分子生物学的諸技術です。

RIMG0204

LC-MS/MS:植物ホルモンに限らず、化学物質の定性と定量に用いる世界最高クラスの分析機器です。

当研究室には、宇都宮大学 農学部 応用生命化学科から配属され、卒業研究を行うことができます。

宇都宮大学農学部ホームページ

http://agri.mine.utsunomiya-u.ac.jp

修士課程への進学は、宇都宮大学大学院 地域創生科学研究科 工農総合科学専攻 分子農学プログラム になります。

修士課程の案内

http://www.utsunomiya-u.ac.jp/admission/graduate.php

博士課程への進学は、東京農工大学大学院 連合農学研究科 生物生産科学専攻 生物制御科学大講座 になります。

博士課程の案内

http://www.tuat.ac.jp/%7Euni-grad/

当研究室では、内外からの修士学生、博士学生およびポスドク(日本学術振興会特別研究員)を募集しています。興味のある方はこちらへ連絡ください。