研究内容

内生シグナル分子に制御される植物生長のしくみを解明

当研究室では、植物から農業上有用な形質を制御する遺伝子を探索し、その機能を解明する研究を行っている。主に植物ホルモンなどの内生シグナル分子に関連した遺伝子の機能を解析している。

研究室紹介_野村.ppt

 

〜ストリゴラクトン〜

植物の枝分かれの数は、花や種子の数さらに質に影響するため、作物の生産性と深く関わる。近年、ストリゴラクトンと呼ばれる植物内生の物質が枝分かれ抑制ホルモンとして働いていることが明らかにされた。さらに、根から浸出したストリゴラクトンは、土壌からリンや窒素を吸収して宿主植物に供給するアーバスキュラー菌根菌との共生シグナルであり、また、根に寄生して宿主植物から栄養を奪う根寄生植物の寄生シグナルでもある(図1)。

 

ハガキ縦
図1 ストリゴラクトンの働き

本研究では、植物におけるストリゴラクトンの生合成経路や新たな生理作用を解明するために、ストリゴラクトン生合成酵素遺伝子の機能解析を進めている。ストリゴラクトンの生合成の解明が進むと、その調節による地上部の形態制御、菌根菌共生の促進による生産性の増大、さらには発展途上国の農業生産に壊滅的な被害を与えている根寄生雑草の画期的な防除法の開発が可能になるものと期待される。

 

〜ステロイド〜

我々人間を含むほ乳類では、ステロイドホルモンとして性ホルモンや副腎皮質ホルモンなどが知られている。また、昆虫や甲殻類の脱皮ホルモンもステロイドホルモンである(図2)。植物はステロイドホルモンとしてブラシノステロイドを生合成しており、主に成長ホルモンとして働く(図3)。

research-2
図2 ステロイドホルモン
(a)プロゲステロン(動物)、(b)エクジステロイド(昆虫) 、(c)ブラシノステロイド(植物)

 

shapeimage_3
図3 ブラシノステロイドの生理作用
シロイヌナズナの正常種(左)とブラシノステロイドを作れない変異体(右)

さらに植物は、動物のステロイドホルモンも生合成していることが知られており、その報告は1920年代からあるが、なぜ植物が動物のステロイドホルモンを生合成しているのか、現在もその理由は明らかにされていない。本研究では、植物における動物ステロイドホルモンの生合成経路やその役割を解明するために、植物がもつ動物ステロイド生合成酵素遺伝子の同定に向けた研究を進めている。