環境生理学研究室

業績一覧

原著論文

25) Miyakawa H, Iguchi T. Comparative luciferase assay for establishing reliable in vitro screening system of juvenile hormone agonists. Journal of Applied Toxicology, in press

24) Gotoh H, Zinna R, Ishilkawa Y, Miyakawa H, Ishikawa A, Sugime Y, Emlen D, Lavine L, Miura T (2017) The function of appendage patterning genes in mandible development of the sexually dimorphic stag beetle. Developmental Biology, 422(1):24-32, doi:10.1016/j.ydbio.2016.12.011

23) Sumiya E, Ogino Y, Toyota K, Miyakawa H, Miyagawa S, Iguchi T (2016) Neverland regulates embryonic moltings through the regulation of ecdysteroid synthesis in the water flea Daphnia magna, and may thus act as a target for chemical disruption of molting. Journal of Applied Toxicology, 36(11):1476-1485, doi:10.1002/jat.3306

22) Yatsu R, Miyagawa S, Kohno S, Parrott BB, Yamaguchi K, Ogino Y, Miyakawa H, Lowers RH, Shigenobu S, Guillette Jr LJ, Iguchi T (2016) RNA-seq analysis of the gonadal transcriptome during Alligator mississippiensis temperature-dependent sex determination and differentiation. BMC Genomics, 17(1):77, doi:10.1186/s12864-016-2396-9

21) Ogino Y, Kuraku S, Ishibashi H, Miyakawa H, Sumiya E, Miyagawa S, Matsubara H, Yamada G, Baker ME, Iguchi T (2016) Neofunctionalization of androgen receptor by gain-of-function mutations in teleost fish lineage. Molecular Biology and Evolution, 33(1):228-244, doi:10.1093/molbev/msv218

20) Toyota K, Miyakawa H, Hiruta C, Furuta K, Ogino Y, Shinoda T, Tatarazako N, Miyagawa S, Shaw JR, Iguchi T (2015) Methyl farnesoate synthesis is necessary for the environmental sex determination in the water flea Daphnia pulex. Journal of Insect Physiology, 80:22-30

19) Miyakawa H, Sugimoto N, Kohyama TI, Iguchi T, Miura T (2015) Intra-specific variations in reaction norms of predator-induced polyphenism in the water flea Daphnia pulex. Ecological Research, 30:705-713

18) Toyota K, Miyakawa H, Yamaguchi K, Shigenobu S, Ogino Y, Tatarazako N, Miyagawa S, Iguchi T (2015) NMDA receptor activation upstream of methyl farnesoate signaling for short day-induced male offspring production in the water flea, Daphnia pulex. BMC Genomics, 16:186, doi:10.1186/s12864-015-1392-9

17) Miyakawa H, Sato M, Colbourne JK, Iguchi T (2015) Ionotropic glutamate receptors mediate inducible defense in the water flea Daphnia pulex. PLoS One, 10:e0121324, doi:10.1371/journal.pone.0121324

16) Abe R, Toyota K, Miyakawa H, Watanabe H, Oka T, Miyagawa S, Nishide H, Uchiyama I, Tollefsen KE, Iguchi T, Tatarazako N (2015) Diofenolan induces male offspring production through binding to the juvenile hormone receptor in Daphnia magna. Aquatic Toxicology, 159:44-51, doi:10.1016/j.aquatox.2014.11.015

15) Sumiya E, Ogino Y, Miyakawa H, Hiruta C, Toyota K, Miyagawa S, Taisen I (2014) Roles of ecdysteroids for progression of reproductive cycle in the fresh water crustacean Daphnia magna. Frontiers in Zoology, 11:60, doi:10.1186/s12983-014-0060-2

14) Miyakawa H, Toyota K, Sumiya E, Iguchi T (2014) Comparison of JH signaling in insects and crustaceans. Current Opinion in Insect Science, 1:81-87, doi:10.1016/j.cois.2014.04.006

13) Toyota K, Kato Y, Miyakawa H, Yatsu R, Mizutani T, Ogino Y, Miyagawa S, Watanabe H, Nishide H, Uchiyama I, Tatarazako N, Iguchi T (2014) Molecular impact of juvenile hormone agonists on neonatal Daphnia magna. Journal of Applied Toxicology, 34:537-544, doi:10.1002/jat.2922

12) Miyazaki S, Okada Y, Miyakawa H, Tokuda G, Cornette R, Koshikawa S, Maekawa K, Miura T (2014) Sexually dimorphic body color is regulated by sex-specific expression of yellow gene in ponerine ant, Diacamma sp. PLoS One 9:e92875

11) Gotoh H, Miyakawa H, Ishikawa A, Ishikawa Y, Sugime Y, Emlen DJ, Lavine LC, Miura T (2014) Developmental link between sex and nutrition: doublesex regulates sex-specific mandible growth via juvenile hormone signaling in stag beetles. PLoS Genetics, 10:e1004098.

10) Hiruta C, Toyota K, Miyakawa H, Ogino Y, Miyagawa S, Tatarazako N, Shaw JR, Iguchi T (2013) Development of a microinjection system for RNA interference in the water flea Daphnia pulex. BMC Biotechnology, 13:96

9) Miyakawa H, Gotoh H, Sugimoto N, Miura T (2013) Effect of juvenoids on predator-induced polyphenism in the water flea, Daphnia pulex. Journal of Experimental Zoology Part A, 319:440-450

8) Miyakawa H, Toyota K, Hirakawa I, Ogino Y, Miyagawa S, Oda S, Tatarazako N, Miura T, Colbourne JK, Iguchi T (2013) A mutation in the receptor Methoprene-tolerant alters juvenile hormone response in insects and crustaceans. Nature Communications, 4:1856

7) Hattori A, Sugime Y, Sasa C, Miyakawa H, Ishikawa Y, Miyazaki S, Okada Y, Cornette R, Lavine LC, Emlen DJ, Koshikawa S, Miura T (2013) Soldier morphogenesis in the damp-wood termite is regulated by the insulin signaling pathway. Journal of Experimental Zoology Part B, 320:295-306

6) Toyota K, Kato Y, Sato M, Sugiura N, Miyagawa S, Miyakawa H, Watanabe H, Oda S, Ogino Y, Hiruta C, Mizutani T, Tatarazako N, Paland S, Jackson C, Colbourne JK, Iguchi T (2013) Molecular cloning of doublesex genes of four cladocera (water flea) species. BMC Genomics, 14:239

5) Ishikawa A, Ishikawa Y, Okada Y, Miyazaki S, Miyakawa H, Koshikawa S, Brisson JA, Miura T (2012) Screening of up-regulated genes induced by high density in the vetch aphid Megoura crassicauda. Journal of Experimental Zoology Part A, 317:194-203

4) Ishikawa Y, Okada Y, Ishikawa A, Miyakawa H, Koshikawa S, Miura T (2010) Gene expression changes during caste-specific neuronal development in the damp-wood termite Hodotermopsis sjostedti. BMC Genomics, 11:314

3) Miyakawa H, Imai M, Sugimoto N, Ishikawa Y, Ishikawa A, Ishigaki H, Okada Y, Miyazaki S, Koshikawa S, Cornette R, Miura T (2010) Gene up-regulation in response to predator kairomones in the water flea, Daphnia pulex. BMC Developmental Biology, 10:45

2) Okada Y, Miyazaki S, Miyakawa H, Ishikawa A, Tsuji K, Miura T (2010) Ovarian development and insulin-signaling pathways during reproductive differentiation in the queenless ponerine ant Diacamma sp. Journal of Insect Physiology, 56:288-295

1) Miyakawa H, Kumano M, Hoshi M, Takeda N, Matsumoto M (2008) A chloride ion channel in Halocynthia roretzi hemocytes is associated with PO activity but not pigmentation during the contact reaction. Zoological Science, 25:1130-1138

 

総説など

5) 宮川一志 (2016) ミジンコの環境応答を制御する幼若ホルモン, 蚕糸・昆虫バイオテック, 日本蚕糸学会, Vol.85, No.3, pp 135-140

4) Miyakawa H, Iguchi T, Miura T (2014) Develomental process of defensive morph in Daphnia pulex. In Daphnia: Biology and Mathematics Perspectives, Nova Science Publishers, pp 245-260

3) Hiruta C, Toyota K, Miyakawa H, Sumiya E, Iguchi T (2014) Sexual reproduction is a key element in the life history strategy of water fleas, Daphnia magna and Daphnia pulex: Casting a spotlight on male induction and its morphology. In Daphnia: Biology and Mathematics Perspectives, Nova Science Publishers, pp 261-278

2) 宮川一志, 豊田賢治, 宮川信一, 鑪迫典久, 井口泰泉 (2013) ミジンコの幼若ホルモン受容体遺伝子の解明, 環境ホルモン学会ニュースレター, 日本内分泌撹乱化学物質学会, Vol.16, No.2

1) 宮川一志, 蛭田千鶴江, 豊田賢治, 角谷絵里, 荻野由紀子, 宮川信一, 鑪迫典久, 井口泰泉 (2013) ミジンコ類における環境依存型性決定を制御する分子機構, 比較内分泌学, 日本比較内分泌学会, 39巻149号

 

学会発表・セミナーなど

35) ○荒木 鞠那, 宮川(岡本) 美里, 宮川 一志: 女王階級の無いアミメアリにおける内勤・外勤個体間の卵巣発達状態の比較. 第64回日本生態学会大会 [P1-A-006] 東京 2017年3月(ポスター発表)

34) ○宮川 一志, 渡邉 みなえ, 井口 泰泉: ミジンコDaphnia pulexにおけるKr-h1遺伝子の発現および機能解析. 第64回日本生態学会大会 [G02-04] 東京 2017年3月(口頭発表)

33) ○宮川 一志: ミジンコの環境応答の分子機構 -基礎研究から新規環境試験法へ-. 環境ホルモン学会第19回研究発表会 ミニシンポジウム「若手の会キックオフシンポジウム -若手研究者のキャリア・ライフプランのためのReferences-」 つくば  2016年12月(招待講演)

32) ○宮川 一志, 早崎 芳夫: ディジタルホログラフィを用いた環境指標生物ミジンコの形態計測. バイオイメージング講演会 宇都宮  2016年8月(依頼講演)

31) ○宮川 一志, 井口 泰泉: ミジンコの捕食者に誘導される表現型多型の制御におけるイオンチャネル共役型グルタミン酸受容体の役割. 第63回日本生態学会大会 [H1-07] 仙台 2016年3月(口頭発表)

30) ○宮川 一志: ミジンコの環境依存型性決定の分子機構. 第5回宇都宮大学オプトバイオシンポジウム 宇都宮 2015年12月(口頭発表)

29) ○Hitoshi Miyakawa, Masanao Sato, John K. Colbourne, Taisen Iguchi: Ionotropic glutamate receptors mediate inducible defense in the water flea Daphnia pulex. The 63rd NIBB Conference, Environment to Bioresponse,  岡崎, 2015年11月(口頭発表, ポスター発表)

28) ○宮川 一志: ミジンコの幼若ホルモン受容体の解析からせまる節足動物類の進化. 第32回C-Bioセミナー 宇都宮 2015年7月(口頭発表)

27) ○宮川 一志: ミジンコにおける捕食者に誘導される防御形態:その発生メカニズムと進化. 甲南大学統合ニューロバイオロジー研究所セミナー 兵庫 2015年1月(口頭発表)

26) ○宮川 一志, 井口 泰泉: 幼若ホルモン経路の進化をもたらす受容体型転写因子Methoprene-tolerantの新規制御関係獲得過程の解明. 第16回日本進化学会大会 [1C12] 高槻 2014年8月(口頭発表)

25) ○Hitoshi Miyakawa, Masanao Sato, Yukiko Ogino, Shinichi Miyagawa, John K. Colbourne, Taisen Iguchi: Analysis of the reception and molecular signaling downstream of a crustacean juvenile hormone, methyl farnesoate, in Daphnia pulex. 10th International Conference on Juvenile Hormones (JHX), [P12] つくば 2014年6月(ポスター発表)

24) ○Hitoshi Miyakawa, Kenji Toyota, Ikumi Hirakawa, Yukiko Ogino, Shinichi Miyagawa, Shigeto Oda, Norihisa Tatarazako, Toru Miura, John K. Colbourne, Taisen Iguchi: A single amino acid substitution in methoprene-tolerant (met) alters juvenile hormone use by insects and crustaceans. EMBO Conference on the Mighty Daphnia: Past, Present and Future, Birmingham, UK, 2014年1月(口頭発表)

23) ○宮川 一志, 井口 泰泉: ミジンコDaphnia pulexにおける6種の幼若ホルモン様物質の曝露による幼若ホルモン応答遺伝子の網羅的探索. 環境ホルモン学会第16回研究発表会 [PD-34] 東京 2013年12月(ポスター発表)

22) ○宮川 一志: ミジンコにおける捕食者に誘導される表現型可塑性の制御機構とその進化. Evolution輪読会 名古屋 2013年8月(口頭発表)

21) ○Hitoshi Miyakawa, Kenji Toyota, Ikumi Hirakawa, Yukiko Ogino, Shinichi Miyagawa, Shigeto Oda, Norihisa Tatarazako, Toru Miura, John K. Colbourne, Taisen Iguchi: A single amino acid substitution in methoprene-tolerant (Met) alters juvenile hormone use by insects and crustaceans. International Insect Hormone (19th Ecdysone) Workshop 2013, [P21], Minnesota, US, 2013年7月(ポスター発表)

20) ○宮川 一志, 杉本 直己, 井口 泰泉, 三浦 徹: ミジンコの誘導防御におけるリアクションノームの多様化過程. 第60回日本生態学会大会 [G1-09] 静岡 2013年3月(口頭発表)

19) ○宮川 一志, 杉本 直己, 井口 泰泉, 三浦 徹: 単為生殖ミジンコの防御形態形成におけるリアクションノームの進化. 生命情報科学若手の会 第4回研究会 岡崎 2013年3月(ポスター発表)

18) ○宮川 一志: 節足動物類における幼若ホルモンの受容機構とその進化過程の解明. ミジンコセミナー 仙台 2013年2月(口頭発表)

17) ○宮川 一志, 井口 泰泉: ミジンコ類のMetおよびSRCを用いたin vitroにおける幼若ホルモン作用評価系の開発. 環境ホルモン学会第15回研究発表会 [PB-5] 東京 2012年12月(ポスター発表)

16) ○宮川一志、井口泰泉: 節足動物類における幼若ホルモンの受容機構とその進化過程の解明. 平成24年度 日本動物学会 中部支部大会 [P-24] 松本 2012年11月(ポスター発表、査読無し)

15) ○宮川一志: ミジンコ類における捕食者に誘導される表現型多型とその分子機構. 新学術領域研究 配偶子幹細胞制御機構 配偶子制御セミナー、弘前 2012年10月(口頭発表)

14) ○宮川一志: 進化発生学とは? -生物の多様性とその進化過程の理解を目指して-. 生命情報学科10周年記念シンポジウム、横浜 2012年4月(口頭発表)

13) ○宮川 一志: ミジンコ類における捕食者に誘導される表現型多型とその制御機構. 第59回日本生態学会大会、ワークショップ 個体間コミュニケーションが導く表現型可塑性 -その多様性と共通原理-(企画責任者:渡邊 大、宮川 一志) [W21] 大津 2012年3月(口頭発表、企画責任者)

12) ○宮川一志、井口泰泉、三浦徹: ミジンコDaphnia pulexにおける捕食者カイロモンに応じた胚発生過程の変化. 日本動物学会 第82回大会 [2G265] 旭川 2011年9月(ポスター発表、査読無し)

11) ○宮川一志、杉本直己、三浦徹: 防御形態の異なるミジンコ属4種を用いたその発生制御機構の比較. 第58回日本生態学会大会 [P2-265] 札幌 2011年3月(ポスター発表、査読無し)

10) ○Miyakawa H. and Miura T.: Chaoborus-induced polyphenism is regulated by the juvenile hormone pathway in Daphnia pulex. Daphnia Genomics Consortium Meeting 2010 [GEF-4] ベルギー 2010年3月(ポスター発表、査読無し)

9) ○宮川一志: ミジンコにおける捕食者に誘導される表現型多型. 京都大学生態学研究センター共同利用事業 研究集会 北海道大学 2009年11月(口頭発表、査読無し)

8) ○Hitoshi Miyakawa, Maki Imai and Toru Miura: Screening and expression analysis of genes responding to predator kairomone in the water flea Daphnia pulex. The Crustacean Society Summer Meeting [GP-93] 東京 2009年9月(ポスター発表、査読無し)

7) ○宮川一志、今井眞木、三浦徹: ミジンコにおける捕食者に誘導される表現型多型の分子機構. 第11回日本進化学会大会 [P01-01] 札幌 2009年9月(ポスター発表、査読無し)

6) ○宮川一志、今井眞木、三浦徹: Screening and expression analysis of genes responding to predator kairomone in the water flea Daphnia pulex. IFES-GCOE サステナビリティ・ウィーク2009 札幌 2009年9月(ポスター発表、査読無し)

5) ○宮川一志: ミジンコにおける捕食者のカイロモンに応答する遺伝子の探索. 学生支援GP世代交流プロジェクト「せんぱい最前線」および北大・東薬大ミニ交流セミナー「ミジンコを対象としたポストゲノム研究の現状と展望」 東京薬科大学 2009年7月(口頭発表、査読無し)

4) ○宮川一志、今井眞木、三浦徹: ミジンコにおける誘導防御を制御する遺伝子群の探索. 第4回化学生態学研究会 函館 2009年6月(ポスター発表、査読無し)

3) ○宮川一志、竹田典代、星元紀、松本緑: マボヤ体腔細胞Contact Reactionにおける液胞放出とフェノールオキシダーゼ活性の関係. 日本動物学会 第78回大会 [3G1615] 弘前 2007年9月(口頭発表、査読無し)

2) ○宮川一志、竹田典代、星元紀、松本緑: マボヤ体腔細胞アロ認識反応におけCl-チャネルの影響とフェノールオキシダーゼ活性化の機構. 第2回ホヤ研究集会 下田 2007年5月(口頭発表、査読無し)

1) ○宮川一志、竹田典代、星元紀、松本緑: マボヤ体腔細胞アロ認識反応におけるCl-チャネル阻害剤の影響. 日本動物学会関東支部 第59回大会 [P-14] 東京 2007年3月(ポスター発表、査読無し)