よくある質問Q&A

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、授業の変更や中止、オンラインでの開講などの変更が生じる場合がありますので、ご了承ください。

Q1.「iP-U」とは、どういうプログラムなんですか?

A. 「iP-U」とは「incubation program for innovative students at Utsunomiya University」の略称で、科学技術を使って「世界を変える」人材,すなわち科学技術を使ってより良い世界をつくる人材を育成することです。それがこの育成プログラム”iP-U”のねらいです。
世界の常識を変えた「iPS細胞」や「iPhone」は、どちらも「iP」で始まる名前をもっています。そこで,近未来の傑出した科学技術を”iP-X”とするなら,それは「あなた」(you = U)の中にあります。
この育成プログラムはあなたの中にある”iP-X”を引き出すきっかけなのです。
それが,私たちがこの”iP-U”という名前に込めたメッセージであり、iP-Uが提供するプログラムのコンセプトなのです。詳しくは👉「プログラムの概要」をクリック。

Q2.対象となる高校生は?

A. 高校1・2年生(中等教育学校4・5年生、高等専門学校1・2年生)が主な対象ですが、中学生、高校3年生も応募できます。
    宇都宮大学まで通うことができれば、住んでいる場所に制限はありません。

Q3.中学生が応募する場合の留意点は?

A. このプログラムは、高校1年生程度の学力を備えていることを想定して実施されます。また、プログラムを通して土・日、祝日や、夏休みなどに宇都宮大学に通う必要があります。これらのことを了承の上、ご応募ください。

Q4.高校3年生が応募する場合の留意点は?

A. このプログラムは、2段階のプランとなっており、基盤プランを修了した受講生が2年目に才能育成プランにチャレンジできます。そのため、高校3年生は基盤プランのみの受講になることをご了承の上、ご応募ください。

Q5.応募方法と、選考方法は?

A. 応募はWebで行ってください。受付期間は、5月1日㈯~6月15日㈫です。
    応募された方には、1分間のビデオレターも提出してもらいます。
 ※応募に関する詳細は👉「令和3年度受講生募集」をクリック
 選考は、Web応募の内容とビデオレターを基に行います。iP-Uが求める「やりたい・知りたい」意欲のある人材かどうかを審査します。

Q6.インターンシップ応募って何ですか?

A. 事務局へお問い合わせください。

Q7.参加費用は無料となっていますが、他に発生する費用はありますか?

A. 受講料は無料です。大学までの交通費や通信費などは自己負担ですが、次のような支援があります。
※1)交通費は、本学の規定に拠り一部を支援できる場合があります。
※2)受講生の自宅にオンライン用の機器・インターネット環境が無い場合、タブレットの貸し出しや、インターネット環境(工事不要のWi-Fiなど)の支援があります。
※3)受講生は、国際科学オリンピック6種のうち1つ以上に参加いただきます。地学・科学地理・情報・化学は参加料は無料です。数学と物理を選ぶ場合の参加料は自己負担となります。

Q8.宇都宮大学に通う日程はどうなりますか?

A. 授業の日程は、必修科目の一部と必修英会話「Ec Lab」や選択科目は、自分の都合に合わせて選ぶことができます。(詳しくは👉授業のスケジュールをクリック)

Q9.緊急事態宣言などで宇都宮大学に行けない場合はどうなりますか?

A.  オンラインで実施される講座は受講できます。 対面で実施される講座の受講に関しては、その時の大学のコロナ対応に従うこととなります。
自宅にオンラインで受講する環境が整っていない場合は、iP-Uがサポートします(詳しくは→Q7.の※2)。

Q10.止むを得ない理由で欠席した場合、別の日に同じ授業を受けたりできるのでしょうか?

A.  授業を欠席する場合、必修科目の一部と必修英会話「Ec Lab」のみ振替えができます。
選択科目は振替えはありませんので、自分の予定と相談して授業計画を立てることが大切です。やむを得ない事情で欠席する場合は、事前に事務局に相談しましょう。

Q11.英語が全く話せず、苦手意識がとても強いのですが、応募できますか?

A. 応募可能です。iP-Uの誇る英語プログラムである必修科目「グローバルコミュニケーション」と、必修英会話「EC Lab」を活用して、英語を話すことを楽しんで、英語力を伸ばしてください。

Q12.海外派遣ってどんなことをするのですか?

A. コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当面の間は海外派遣はありません。例年は、研究に必要なサンプルを海外で採集したり、海外の国際会議で発表するなどしていました。
 令和2年度は、海外の学会にオンラインで参加するなど、受講生はこの状況に負けずにグローバルに活動しています。

Q13.もしものとき、保険はどうなっていますか?

A. iP-Uでは、受講生の皆さんの不慮の事故などを保障するために、障害保険に加入しています。高校が修学旅行などの時にかける保険と同じものです。
みなさんが受講する講座ごとに、受講人数分の契約をしています。
直前の追加受講の際には、保険料を自己負担していただく場合がありますが、詳しくは👉こちらをクリック。

Q14.この「iP-U」で、力を入れて取り組んでいる企画はなんですか?

A. 基盤プランでは、専門的な科目の学修と合わせて、受講生の「5つの非認知能力(※)」の向上に力を入れています。
知識量や問題を解く速さなど点数や数値で測れる頭の良さは「認知能力」と呼ばれていて、代表的なものにIQ(知能指数)があげられます。
一方「非認知能力」は、目標を決めたり感情をコントロールしたり、他者とコミュニケーションを取るなど、数値化しにくい能力ですが、自らの力で目標を達成するときにはとても重要な力です。
生涯を通じてあまり変化しないIQに対し、「非認知能力」は行動や意識によって大きく変化します。
iP-Uはこの点に着目し、受講生の「非認知能力」を高めることで、自分の目標を達成できるようなプログラムを用意しました。授業後に必ず行う振り返りや、毎月の成長報告書での自己の振り返りを行うことで、受講生一人一人の基盤を強くしていきます。
iP-Uは、受講後も自分で目標に向かって走ることができるプログラムなのです。
※5つの非認知能力 … 発想力・執着力・コツコツ力・未来創造力・共創的コミュニケーション力

Q15.跳躍コースとは、何ですか?

A. 特に優秀であると認められた受講生は、基盤プランを修了する前に才能育成プランに進むことができます。iP-Uが重視する「5つの非認知能力」、数理能力、英語力、コミュニケーション力などを基に選抜します。

■問い合わせ先
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350
宇都宮大学 グローバルサイエンスキャンパス事務局 宛
ホームページ http://c-bio.mine.utsunomiya-u.ac.jp/iP-U/
メール ip-u@cc.utsunomiya-u.ac.jp
電話028-649-5411(平日9:00~16:00)

トップページへ戻る