2つのプランをサポートする英語教育プログラム


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、授業の変更や中止、オンラインでの開講などの変更が生じる場合がありますので、ご了承ください。

基盤プラン
必修科目「グローバルコミュニケーション」
    年に2回開講 10時~16時 

必修科目「English Communication Lab(EC-Lab)」
   複数日開講
   1コマ30分    

才能育成プラン
Advanced EC Lab.
   詳細は事務局へお問い合わせください



iP-Uでの英語トレーニングの目標は,受講生が自分の研究に必要なことを「英語で協力依頼できるようになる」ことです。たとえば,才能育成プランの研究には,受講者が指導教員と一緒に海外に行き,そこで採集したウイルスや化石,動植物などのサンプルを帰国後に調べるテーマもあります。この際に受講者は,自分の研究に必要なことを英語で現地の協力者に依頼し,タスクを達成することが求められます。英語を使ってコミュニケーションし,自分の研究や事業に人を巻き込んでいくことが,素晴らしい研究や事業を実現するためには必要だからです。このスキルの育成のために,宇都宮大学基盤教育英語プログラム(EPUU)のネイティブ教員と施設があなたをサポートします。

ネイティブ教員がiP-U受講生の英語教育プログラムをサポートします

基盤プラン必修科目「グローバルコミュニケーション」は、英語コミュニケーションに慣れることを目的とします。この授業は,コミュニケーション・スキル(相手の話をきちんと受け止め,相手に言葉を返す)の訓練も兼ねています。
英語に苦手意識をもつ人にも配慮したグループに分かれてものづくりアクティビティを行うことにより、英語力・国際的なコミュニケーション能力・人間関係形成力の獲得と向上を図ります。

基盤プラン必修科目「English Communication Lab(EC Lab)」は、ネイティブ講師による30分の英会話です。1×1で受ける密度の濃い授業により,更なる英語コミュニケーション力を身につけることができます。

才能育成プラン「Advanced EC Lab.」では「英語コミュニケーション力の醸成」を目的として,ネイティブ講師との英会話を受講することができます。詳細は事務局にお問い合わせください。

iP-Uのすべての英語コミュニケーション授業はEPUUによって行われます。
EPUUは,宇都宮大学基盤教育英語プログラムEnglish Program of Utsunomiya Universityの略です。宇都宮大学の全ての学生が,EPUUのプログラムで楽しく英語コミュニケーションを学んでいます。
【EPUUの英語教育は,平成25年度大学英語教育学会賞(実践賞)を受賞しています。】