「iP-U Letters」カテゴリーアーカイブ

iP-U Letters

石のまち宇都宮シンポジウムのお知らせ


日本遺産「大谷石文化」
石のまち宇都宮シンポジウム

【1日目】シンポジウム 
と き  12月14日(土) 10時30分~16時(開場 10時) 入場無料
ところ  宇都宮市文化会館 小ホール
内 容
   基調講演Ⅰ「日本遺産の取り組みについて」
         中島 充伸 氏(文化庁 文化財活用専門官) 
   基調講演Ⅱ「素材の旅~大谷石の香り~」
         藤森 照信 氏(東京都 江戸東京博物館長) 
   日本各地の石のまちからの報告
         大谷石(宇都宮市)
         日華石(小松市)
         北木石ほか(笠間市)
         札幌軟石(札幌市)
         房州石(富津市)
   パネルディスカッション「日本の石のこれからについて」
        コーディネーター 橋本 優子 氏(宇都宮美術館 専門学員) 
【2日目】エクスカーション
と き  12月15日(日) 9時~
内 容  ●一日コース 
     ●半日コース
注 意  事前申し込みが必要です。
     参加料はかかりませんが、入館料、昼食代は別途必要です。


パネルディスカッションのコーディネーターである橋本優子氏は、iP-Uの必修科目「イノベーティブ・デザイン入門」の講師も務められました。
デザインの授業では、皆さんは「デザイン」という言葉には「問題を発見し解決する」という意味も持つことを学び、午後のポスター発表の課題として「大谷石について発信する」に取り組みましたね。
今回のシンポジウムは、大谷石だけでなく全国の石文化について考えます。

iP-UレターズVol.6発行

iP-U受講生向けの情報紙「iP-Uレターズ Vol.6(12月1日号)」が発行されました。

内容「グローバルサイエンスキャパス令和元年度全国受講生研究発表会が行われました 」
     「10月のリフレクションシート」
          「エネルギー漏れを防ごう」  ほか

宇都宮大学で講座を受講するときや、研究に来るときに受け取ることができます。 (↓こちらからもお読みいただけます)
iP-UレターズVol.6 表面 
iP-UレターズVol.6 裏面

GSC令和元年度全国受講生研究発表会が行われました

GSC全国受講生研究発表会が、2019年11月16・17日に日本科学未来館で行われ、iP-Uからは基盤プラン・才能育成プランの受講生代表が参加してきました。
ポスター発表では、iP-Uから3チームが日頃の研究について発表しました。

続きを読む GSC令和元年度全国受講生研究発表会が行われました

iP-UレターズVol.5発行

P-U受講生向けの情報紙「iP-Uレターズ Vol.5(11月15日号)」が発行されました。
内容「産業や社会に直接関係しないように思える研究をすることについて」
          「グローバルコミュニケーション開催のおしらせ」ほか

宇都宮大学で講座を受講するときや、研究に来るときに受け取ることができます。(↓こちらからもお読みいただけます)
iP-UレターズVol.5

iP-UレターズVol.4が発行されました

iP-U受講生向けの情報紙「iP-Uレターズ Vol.4(11月1日号)」が発行されました。
内容「iP-Uの先輩に聞く 振り返ってみてiP-Uとは?」
          「みなさんの成長報告書から」ほか

宇都宮大学で講座を受講するときや、研究に来るときに受け取ることができます。(↓こちらからもお読みいただけます)
iP-UレターズVol.4(表面)
iP-UレターズVol.4(裏面)

iP-Uレターズ Vol.3 発行

iP-U受講生向けの情報紙「iP-Uレターズ Vol.3(10月15日号)」が発行されました。
内容「iP-Uが重視する5つの基盤的能力はノーベル賞へとつながる道」
「9月のリフレクションシート」ほか

宇都宮大学で講座を受講するときや、研究に来るときに受け取ることができます。(↓こちらからもお読みいただけます)
iP-UレターズVol.3 (表面)
iP-UレターズVol.3 (裏面)

航空宇宙講演会のお知らせ

航空宇宙講演会 in Tochigi
「はやぶさ2の挑戦 -プロジェクトを率いる難しさと面白さー」

と き  12月11日(水) 18時~20時(開場 17時30分) 入場無料
ところ  宇都宮市文化会館 小ホール
講 師  津 田  雄 一  氏
             はやぶさ2プロジェクトマネージャー
      JAXA宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系准教授

講演内容 
 はやぶさ2は2018年6月に小惑星リュウグウに到着し、以降1年のうちに着陸ロボットによる地表移動調査、人工クレーターの生成、2地点への着陸と試料採取、さらにそのうち1回は地下物質の採取に成功しました。
 これらは全て世界初の技術であり、科学的にもとても大きな成果が期待されています。
 講演では、最新のはやぶさ2の状況を紹介しつつ、はやぶさ2の目指す宇宙探査、それを成功に導いたチーム作りについてお話します。