「iP-U Letters」カテゴリーアーカイブ

iP-U Letters

令和3年度iP-U成果発表会と修了式が行われました

12月25日㈯に、令和3年度宇都宮大学グローバルサイエンスキャンパス(iP-U)成果発表会と修了式が行われました。

成果発表会では、受講生を代表して才能育成プランの8組が口頭発表を行いました。
自分の研究を発表するだけでなく、質問に対して正面から向き合う姿も印象的でした。質疑では、受講生だけでなく池田宰学長や大学の先生方からも手が上がり、活発に議論が交わされました。
 1) 珪藻観察による淡水二枚貝の餌の特定
 2) 自然の土への接触が認知・感情に与える影響について
 3) リン酸局所施肥によるイネの根系の可塑性を利用した施肥量削減栽培技術
 4) STRマーカーを用いたヒトツモンミミズの遺伝的多様性と形態的多様性の比較
 5) Pythonを用いた新型コロナウイルス 感染症陽性者数とサービス産業の調査
 6) 異個体間での網の入れ替えによるジョロウグモの生態研究
 7) アリジゴクの繭作りの要因を探る
 8) 本のFoxing部分から培養できた菌類の同定  【発表順】

修了式に先立って行われた基盤プラン受講生による1分間スピーチでは、それぞれがiP-Uで心に残ったことや今後の抱負をスライドを使って発表しました。

修了式では、池田宰宇都宮大学長より基盤プランと才能育成プランの代表に修了証が授与されました。

令和3年度成果発表会・修了式について

12月25日㈯の成果発表会と修了式についてお知らせします。

(1)成果発表会
時間 10:30~13:10(開場10時)
場所:峰キャンパス 👉大学会館2階多目的ホール
発表タイトル
 ① 才能育成プラン受講生 Eさん
 「STRマーカーを用いたヒトツモンミミズの遺伝的多様性と形態的多様性の比較」
 ② 同 Mさん
 「自然の土への接触が認知・感情に与える影響について」
 ③ 同 Kさん
 「Pythonを用いた新型コロナウイルス 感染症陽性者数とサービス産業の調査」
 ④ 同 Iさん・Oさん
 「珪藻観察による淡水二枚貝の餌の特定」
 ⑤ 同 Sさん
 「本のFoxing部分から培養できた菌類の同定」
 ⑥ 同 Mさん
 「異個体間での網の入れ替えによるジョロウグモの生態研究」
 ⑦ 同 Yさん
 「リン酸局所施肥によるイネの根系の可塑性を利用した施肥量削減栽培技術」
 ⑧ 同 Kさん
 「アリジゴクの繭作りの要因を探る」 

(2)1分間スピーチ 
時間 14:00~
場所 峰キャンパス 👉峰ケ丘講堂
内容 修了生が、iP-Uで印象に残ったこと、気づいたこと、考えたこと、これから取り組みたいこと、これからの目標などをスライドにまとめて1分間のスピーチを行います。

(3)令和3年度iP-U修了式 
時間 15:00~
場所  峰キャンパス  👉峰ケ丘講堂  

【持ち物】
受講証
昼食
筆記用具
健康チェックシート(体温記入は不要です)

5つのオンデマンド講座の公開期間を延長します

基盤プラン・選択科目の、5つのオンデマンド講座の公開期間を延長します。追加受講・受講取消しする方は、12月3日金曜日までに連絡してください。

◇科目
 プレゼン力養成講座(全5回)
 幸運をつかむコツ~科学的発見のケーススタディ~
 光るクラゲの光るワケ
 さあ化学を始めよう
 長篠合戦の化学

◇公開期間
 12月11日㈯まで

◇受講の認定
 授業動画の視聴とリフレクションシートの提出により、その授業を受講したものとします。

◇リフレクションシート受付締切
 12月12日㈰まで
 ※動画を視聴しただけでは受講認定されません。必ずリフレクションシートを提出してください。

特別講座が開かれます

iP-U基盤プラン・才能育成プラン受講生を対象とした特別講座を開講します。
今回は、琉球大学から講師の先生方をお招きして行う2日間の講座です。1日目は日本語による「サンゴ」の講義(実習)、2日目はネイティブの先生による英語の講義とワークショップです。

と き 12月4日㈯ 午前中 ・ 5日㈰ 終日
ところ 宇都宮大学峰キャンパス(教室は決まり次第お知らせします)
講 師
 波利井 佐紀 氏 :琉球大学 熱帯生物圏研究センター 准教授
 Mr. Frederic Sinniger:琉球大学 熱帯生物圏研究センター ポスドク研究員
内 容
 1日目 日本語による講義 テーマ「サンゴ」
 2日目  Mr. Frederic Sinniger による英語での講義 
     ワークショップ
その他
 場合により、オンライン(オンタイム)受講とオンデマンド受講も認められます

航空宇宙講演会inTOCHIGI 2021が開催されます

と き 令和3年12月13日㈪ 18時~20時
ところ 宇都宮文化会館大ホール
参 加 インターネットによる申込み。先着順です。

講演者 国立天文台 教授、水沢VLBI観測所 所長
    本間 希樹(ほんま まれき)氏
テーマ「人類が初めて見たブラックホールの姿」

この講演会は、zoomによるオンライン視聴もできます。詳細は👉航空宇宙講演会HPをクリック。

iP-Uの約束を確認しよう

 7月に開講したiP-Uも折り返しを過ぎ、授業も残り少なくなってきました。また、これまでオンライン中心だった授業も、対面でのものが増えています。
 これを機会に、授業の注意事項をもう一度確認し、iP-U受講期間をより良いものにしましょう。

◆◆授業の注意事項を確認しよう◆◆
1)事情により講義を欠席する場合は、3日前までにiP-U事務局へ連絡を
  やむを得ない事情(体調不良、公共交通機関のトラブルなど)以外での当日欠席は認められません。
2)原則、遅刻は認められません
3)講義の変更の最新情報は、HPやLINEで確認
4)宇都宮大学に来るときは、受講証・宇都宮大学健康チェックシートを持参
5)受講後はリフレクションシートを提出

◆◆履修する授業を確認しよう◆◆
1)自分の履修登録票と、その後の追加申込みや受講取り消しを確認して、申しこんだ授業は忘れずに受講を
  履修する授業をよく覚えていない場合は、iP-U事務局に問い合わせを
2)宇都宮大学で受講する場合は、事前に必ず峰キャンパスか陽東キャンパスかを確認してください。また、建物と教室の場所も確認し、遅刻しないようにしましょう。
3)受講科目を追加したい場合は、必ず事前に事務局に連絡を
  【今からでも申し込める講座】
  ■ 10/30 食と健康の科学
  ■ 10/30 学生フォーミュラから学ぶ自動車工学
  ■ 11/ 7  惑星の形成と進化の最先端
  ■ 11/20 花の形を制御する遺伝子について
  ■ 11/21 環境工学実験講座
  ■ 12/ 5  メダカのDNA鑑定
  ■ オンデマンド配信
   ・《連続講座》プレゼン力養成講座
   ・幸せをつかむコツ~科学的発見のケーススタディ~
   ・光るクラゲの光るワケ
   ・さあ化学を始めよう
   ・長篠合戦の化学

◆◆授業や提出物を忘れないようにしよう◆◆
1)手帳やスマホアプリにiP-U授業日程を書き込んで、忘れずに受講を
  学校行事や補講だけでなく、部活の大会や模試、ワクチン接種後の副反応なども想定して計画を立てましょう。
2)リフレクションシート、授業の課題、成長報告書は忘れずに提出を

サイエンスアゴラ2021が開催されます

とき 2021年11月3日㈬~11月7日㈰
方法 オンライン
URL  👉 サイエンスアゴラ2021ホームページをクリック 

iP-Uは、国立研究開発法人科学技術推進機構(JST)のグローバルサイエンスキャンパス事業を宇都宮大学が採択されて行っているものです。
 この国立研究開発法人科学技術推進機構(JST) が主催の「サイエンスアゴラ2021」が、今年もオンラインで開催されます。
(サイエンスアゴラとは、あらゆる人に開かれた科学と社会をつなぐ広場の総称です。)
 
今年のテーマは「Dialogue for Life」。
 “ウィズコロナの暮らしが始まって1年、私たちをとりまくLife(生命・暮らし・人生)は、いまだ危機にさらされ変容を余儀なくされています。そんな中、科学は社会に対し何ができるのか、安心で豊かな社会のための科学はどのようなものか、私たちが科学に求める役割について改めて考えてみる必要があります。そのため、今年のサイエンスアゴラはこれまで以上に「対話」を重視します。様々なトピックを、様々なLifeの軸で語り、意見を交わし、科学技術の役割や未来像を共に描きましょう。”
 iP-U受講生の代表が10/17に参加した『GSCアカデミックセミナー』の様子も、オンデマンドで視聴できます。
 みなさん、是非たくさんのトピックに参加し、科学技術と社会の接点を考える機会とし、自分のビジョンや学びに活かしてください。

サイエンスアゴラ2021ホームページは👉こちらをクリック    

◆参加方法
 サイエンスアゴラ2021の参加方法は2種類です。
 参加方法のページは👉こちらをクリック
  ①事前登録が必要なzoomウェビナーミーティングのライブ配信
  ②いつでも視聴できるオンデマンド配信
 

◆ライブ配信企画
 トピック名・企画者の順
 「もし「未来」という強化があったら、どんな授業?」
   未来研究プログラム
 「STI for SDGs~社会課題解決を目指して~」
   科学技術振興機構
 「科学技術と文化・教育の社会に対する役割と未来の可能性について考える」
   2025年日本国際博覧会協会/日本科学未来館
 「どうぶつたちの眠れない夜にスペシャル 実験動物編」
   どうぶつたちの眠れない夜に
 「マンガで話すみんなのリアルー中高生SNS編ー」
   科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
 「科学実験@ボリュメトリックスタジオ作戦会議」
   JSTサイエンスアゴラ事務局
  「科学の工場見学~科学はどうやって生まれる?~」
   うたたね              
 その他 トピック多数 

◆開催初日からいつでも見られる14のオンデマンド配信
  トピック名・企画者の順
 「グローバルサイエンスキャンパス(GSC)『アカデミックセミナー』」
   科学技術振興機構 理数学習推進部GSC事務局
 「原子・分子をのぞいてみようー身体も地球も原子・分子でできている!ー」
   日本コンピュータ化学会
 「ナイスガイの須貝と考える「科学者への一歩目」サイエンスアゴラ特別編」
   高エネルギー加速器研究機構ILC推進準備室
 「カリコー・カタリン博士のmRNAワクチン開発研究」
   ハンガリー大使館/ハンガリー科学アカデミー 
 その他10トピック 

10/17 アカデミックセミナーについて

グローバルサイエンスキャンパスでは、受講生同士の交流促進を目的とした「受講生交流会」が開催されます。

【日時と内容】
10月17日(日)
【午前の部】10:00-12:00 受講生相互発表

【午後の部】13:00-15:00 アカデミックセミナー 
・「アカデミックセミナー」では、科学技術に関する先進的な話題をもとに、全国のGSCの受講生や教職員等がディスカッション等を通じて交流を図ります。
・当日は5つの企画に分かれて実施されます。 👉『R3企画一覧(PDF)』
 セミナーの様子は後日オンデマンド配信される予定です。

手書きの課題を写真で撮ってデータ化する方法

 iP-Uでは、授業の課題をC-Learningに提出していただくことがよくあります。
 今回は、手書きの課題をデータにする方法を説明します。
※課題をスマホで撮ると写真のままですが、「CamScanner」というアプリ(無料版あり)を使うと、課題をPDFデータにすることができます。
(※PDFとは、「Portable Document Format」の略で、印刷物や写真をデータ化して保存することができるファイル形式です。PDFデータは、印刷すれば元の紙の資料と同じように使うことができる、「電子的な紙」のようなものです。)

続きを読む 手書きの課題を写真で撮ってデータ化する方法