「iP-U事務局」カテゴリーアーカイブ

事務局から受講生への連絡等

令和2年度GSC全国受講生研究発表会で遠藤颯さんが 科学技術振興機構理事長賞を受賞

テーマ「栃木県にて採取された大型陸生貧毛類の未記載種」

宇都宮大学グローバルサイエンスキャンパス(iP-U)才能育成プランで研究活動を行っている遠藤 颯さんが、標記研究発表会において科学技術振興機構理事長賞を受賞しました。


グローバルサイエンスキャンパスは、国立研究開発法人 科学技術振興機構が推進する事業で、世界を舞台に活躍できる科学技術人材の育成を目的として、卓越した意欲と能力を持つ高校生を対象に、全国の大学等で国際的な活動を含む高度で体系的な育成プログラムを開発、実施する取り組みです。第7回目となる発表会では、同事業を実施している全国17の機関(「情報科学の達人」 育成官民協働プログラム実施機関および過去に実施していた4機関含む)で学ぶ受講生46人が計44件の発表を行い、日頃の研究活動の成果を披露しました。

遠藤 颯さんは、小学校3年生以来「ミミズ」に興味・関心をもち、その生態系での役割や生物としての面白さにひかれ、採集や分類を行ってきました。令和元年10月にiP-U才能育成プランに所属してからは、本学バイオサイエンス教育研究センター松田 勝教授の指導のもと、形態学的な分類に加え遺伝子的な解析を地道に行い、未記載種(新種の可能性のあるミミズ)を発見しました。
今回の発表は、発見したミミズが未記載種のものであることを丁寧に検証したもので、次世代の科学者に求められる科学的探究能力の獲得度合いや、研究の専門的達成水準のほか、研究の意義や貢献を適切にアピールしたことが高く評価され今回の受賞に至りました。

iP-UレターズVol.17発行

iP-U受講生向けの情報紙「iP-Uレターズ Vol.17(10月15日号)」が発行されました。
内容・大庭亨先生コラム ‘ワンチャン’いけるかな?
  ・9月のリフレクションシートから
  ・令和2年度の受講生の活動の成果
  ・GSC全国受講生研究発表会のおしらせ など

表面(PDFはこちら
裏面(PDFはこちら

iP-U修了生との交流会のお知らせ

例年春に開催していましたiP-U受講生と修了生との交流会を、今年度は9月にオンラインで行います。
 iP-Uを修了した現役大学生が、進路選択や、大学での研究・大学生活などを話してくれる、絶好の機会です。みなさんぜひご参加ください。

日 時:9月19日(土) 15:30~17:00
申込み:C-Learning内のアンケートに回答することで申し込みとします
     C-Learning ▶ iP-U2020 ▶ アンケート ▶ 修了生との交流会事前アンケート締切り:9月6日(日)

内 容:iP-Uの1期生・2期生で、国内および海外の大学に進学している先輩からいろいろなお話を聞きます。
    才能育成プランでの研究のこと、学校とiP-Uの両立のこと、進路のこと。
    iP-U修了生だからわかる貴重なお話です。

R2年度iP-U基盤プラン開講

7月23日(木)、令和2年度iP-U基盤プランが開講しました。

式辞を述べる 石田朋靖学長

オンラインで行われた開講式では、黒﨑涼寧さん(宇都宮海星女子学院高等学校2年)が、受講生を代表して、iP-Uでの抱負と決意を述べてくれました。

受講生代表のことば

 今年度は、新型コロナウイルス感染拡大予防対策により、iP-Uの授業はオンラインで予定されています。
 受講生の仲間たちと同じ教室で学べない、大学で実際に実験できないなど、残念に思うことがあるかもしれませんが、iP-Uには、「セレンディピティの考え方」「リフレーミングの考え方」があります。
 対面授業と同じように授業を受ける準備と、多面的に物事をとらえる気持ちがあれば、iP-Uは、みなさんにしか体験できない貴重な学修の場となります。
 今年しかできない学びを、令和3年春の修了式まで頑張りましょう。