gscuser のすべての投稿

令和2年度iP-U修了式と成長報告会について

日 時 平成3年2月27日(土)9時30分~
方 法 オンライン
日 程
1)iP-U修了式
2)成長報告会
【内容】レポート「ビジョン」や、iP-Uで学んだこと・成長したことなどをスライドにしてプレゼンしてもらいます。iP-Uで成長したことを共有して、未来に活かすための報告会にしたいと思います。iP-Uでの学びのまとめとしてぜひ参加しましょう。
出 欠 2月4日(木)までに事務局へ連絡してください

成長報告会について 
【内容】 
・提出したレポート「ビジョン」について発表(1分間)します。
・提出した内容以外のもので発表も可。例)iP-Uで学んだこと
・各自発表を通して、iP-U基盤プランでの学びのまとめを行います。

【準備】
・発表する内容を、スライド1枚にまとめてください。(PowerPointなど)
・レポート「ビジョン」を発表する場合、提出したビジョンマップや文章を使って作成すると良いかも。
・提出した内容以外のこと「iP-Uで学んだこと・成長したこと」などでもOKです。
・手書きで書く場合は、見やすさに気をつけましょう。書いたものはスマホで撮影し、「ComScanner」アプリで整えて提出してください。
手書きのものをPDFにして送る方法は、 こちらを参照ください。

【スライド提出先】
C-Learning  ▶ iP-U2020 ▶ レポート ▶ 成長発報告用スライド 

【スライド提出期限】 
2月21日(日)

ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

才能育成プラン受講生のEさんのインタビューが、1月20日㈬のNHK「とちぎ630」で放映されます

 GSC令和2年度全国受講生研究発表会で、科学技術振興機構理事長賞を受賞された才能育成プラン受講生のEさんが、NHK宇都宮放送局の取材を受けました。
 当日の模様は、番組「とちぎ630(NHK宇都宮放送局)」で放送されます。
 みなさま、ぜひご覧ください。

令和3年1月20日㈬18:30~19:00
「とちぎ630」NHK宇都宮放送局
きょうの栃木県が30分でわかる!事件や事故、行政や経済の動き、スポーツ、栃木の詳しい気象情報など幅広くきめ細かくお伝えします

第8回とちぎアントレプレナーコンテスト結果発表

 12月19日㈯に「第8回とちぎアントレプレナーコンテスト」の表彰式が下野新聞社で行われ、基盤プラン受講生2名が奨励賞を受賞しました。
 今年応募があった高校・大学など35校から3,370件のうち、12組のみが最終選考に進みました。おめでとうございました。(2020.12.20) 

奨励賞
同時受賞:モンキークルージャパン賞(提供/㈱モンキークルージャパン)
 代表 基盤プラン受講生 Yさん 
 社名:㈱竹取物語

奨励賞
同時受賞:リバネス賞(提供/㈱リバネス)
 代表 基盤プラン受講生 Yくん 
 社名: ㈱NEO Direct Sales

第8回 とちぎアントレプレナー・コンテスト 本選で、基盤プラン受講生2組が口頭発表を行いました。

 基盤プラン受講生2名が、3,370件の応募の中から勝ち残った12組のファイナリストとして、口頭発表を行いました。

続きを読む 第8回 とちぎアントレプレナー・コンテスト 本選で、基盤プラン受講生2組が口頭発表を行いました。

令和2年度GSC全国受講生研究発表会でEさんが 科学技術振興機構理事長賞を受賞

テーマ「栃木県にて採取された大型陸生貧毛類の未記載種」

宇都宮大学グローバルサイエンスキャンパス(iP-U)才能育成プランで研究活動を行っているEさんが、標記研究発表会において科学技術振興機構理事長賞を受賞しました。

グローバルサイエンスキャンパスは、国立研究開発法人 科学技術振興機構が推進する事業で、世界を舞台に活躍できる科学技術人材の育成を目的として、卓越した意欲と能力を持つ高校生を対象に、全国の大学等で国際的な活動を含む高度で体系的な育成プログラムを開発、実施する取り組みです。第7回目となる発表会では、同事業を実施している全国17の機関(「情報科学の達人」 育成官民協働プログラム実施機関および過去に実施していた4機関含む)で学ぶ受講生46人が計44件の発表を行い、日頃の研究活動の成果を披露しました。

Eさんは、小学校3年生以来「ミミズ」に興味・関心をもち、その生態系での役割や生物としての面白さにひかれ、採集や分類を行ってきました。令和元年10月にiP-U才能育成プランに所属してからは、本学バイオサイエンス教育研究センター松田 勝教授の指導のもと、形態学的な分類に加え遺伝子的な解析を地道に行い、未記載種(新種の可能性のあるミミズ)を発見しました。
今回の発表は、発見したミミズが未記載種のものであることを丁寧に検証したもので、次世代の科学者に求められる科学的探究能力の獲得度合いや、研究の専門的達成水準のほか、研究の意義や貢献を適切にアピールしたことが高く評価され今回の受賞に至りました。

令和元年度iP-U成果発表会の開催について

 4月に開催予定だった「令和元年度iP-U成果発表会」が、今年度はオンラインで開催されることになりました。
 元年度に行われた学習や研究について、代表して10の個人またはグループが成果を発表します。
 これからiP-Uの授業を受けるみなさん、現在iP-Uで研究を進めているみなさん、令和2年度の成果発表会で発表する目標をぜひ持って学修してください。

続きを読む 令和元年度iP-U成果発表会の開催について

選択A「10代からのアンチエイジング・美肌科学」のオンライン公開講座について

肌表面角層内の重要な成分であるセラミドの保湿機能の発見者であり、皮膚科学研究の第一人者として研究を続けられているお肌のスペシャリストの芋川先生の授業で、10代からできるスキンケアを学び、未来の美肌を目指しましょう。

続きを読む 選択A「10代からのアンチエイジング・美肌科学」のオンライン公開講座について