iP-Uでは、傑出した科学技術人材の育成方法についての研究成果を下記の学会で発表しています




◆「コーチングをベースとした、世界にパラダイムシフトを起こす人材を輩出するための次世代教育の形」(2018)

大庭亨(宇都宮大学工学部)
稲垣友仁( ㈱コーチングシステム )

アカデミック・コーチング学会第3回大会研究報告(2018.9.24)



「宇都宮大学におけるJSTグローバルサイエンスキャンパスの取り組み -カリキュラムの評価に関する基礎的検討- 」(2017)

大庭亨(宇都宮大学工学部)
出口明子(宇都宮大学教育学部)
松田勝(宇都宮大学バイオサイエンス教育センター)
山田洋一(宇都宮大学教育学部)

日本科学教育学会研究会研究報告 32(5)、101-104



「高校生向け科学人材プログラムのカリキュラム・デザイン:JSTグローバルサイエンスキャンパスにおける取り組み」(2016)

出口明子(宇都宮大学教育学部)
大庭亨(宇都宮大学工学部)
松田勝(宇都宮大学バイオサイエンス教育センター)

日本科教育学界研究会研究報告 31(4)、103-106

トップページへ戻る