3月成長報告書 Q&A

みなさんこんにちは、コーチの稲垣友仁です。

4月になり、間もなく新しい期がスタートすることと思います。

iP-Uの成長報告書を1年間拝見しましたが、最後に下記のQ&Aを皆さんへのメッセージとして締めくくりたいと思います。

これまでありがとうございました。また、いつでも連絡くださいね。

 『執着力をつけるには』

Q:最近、気づいたことですが、執着力は「自分の願望なのだ!」と思いました。

今まで「やらなきゃ」と思って受け身で気持ちを起こしていましたが、本当に執着するときは、「どれほどそれがしたいか?」という願望が強い時だと気づき、自分のしたいことと思えば100点まで近づくのだと気付きました。先生はどう思われますか?

 A:本当にその通りです。人は本当に「やりたい」、「やらなければならない」と心の本能が感じたなら(これを願望と言いますね)、だいたいのことはやり抜きます。

人から言われたことや、なんとなくやれればなあと、軽い気持ちで頭だけで考えているものは、なかなかやり切ることはできません。

 それは、やりたいことか?、私がやるべきことなのか?をハートにも聞いて、考えてから、事を起こすことも大切です。

 成果を出している人は、「やらなければならないこと」と自分の願望(本能)をつなげるのがうまいのだと思います。

 

皆さんの、心からやりたいことを大切に育てて行ってくださいね。