第一回「イノベーティブデザイン入門」リフレクションシート

受講生のみなさん

iP-U事務局です。

 

前回に引き続き、皆さんに提出してもらった「リフレクションシート」のご紹介です!

 

今回は、8/5「イノベーティブデザイン入門」です。

気づき

  • デザインとは、思ったことや考えたことを絵などで表現することではなく、考えて、つくって、使う、という、目的のあるものだとわかった。そして私たちは、普段から何気なく、デザインについて考えていることもわかった。
  • 今まで自分が考えていた「デザイン」と今日の授業で習った「デザイン」が全く違うもので、(デザインとは)“人々に結びつく創造”であることがよく分かりました。
  • 自分の予想以上に一回思いついた発想にとりつかれていることに気づいた。
  • 物事を批判的に見ることで今までと違った一面が見られたり、新たな考えが生まれるのだと感じました。
  • 自分には、物事をリサーチする力や伝えたいことを文章に分かりやすくまとめる力など、デザインをする上で不足しているものが多数あるということが分かった。
  • ディスカッションの重要さが分かった。何をするにもグループの人との意思疎通が必要であるし、自分の考えを言うだけでなく他の人の意見と折り合いをつけたり、解決策を見出すには話すことが一番大切だと思いました。

知りたいこと

  • 小学生の高学年がもっている創造性を豊かにするにはどうすればよいですか。

“Stay Hungry. Stay Foolish”  スティーブ・ジョブズのメッセージは、素敵なヒントになるかもしれません。あなたはどう思いますか。