石のまち宇都宮シンポジウムのお知らせ


日本遺産「大谷石文化」
石のまち宇都宮シンポジウム

【1日目】シンポジウム 
と き  12月14日(土) 10時30分~16時(開場 10時) 入場無料
ところ  宇都宮市文化会館 小ホール
内 容
   基調講演Ⅰ「日本遺産の取り組みについて」
         中島 充伸 氏(文化庁 文化財活用専門官) 
   基調講演Ⅱ「素材の旅~大谷石の香り~」
         藤森 照信 氏(東京都 江戸東京博物館長) 
   日本各地の石のまちからの報告
         大谷石(宇都宮市)
         日華石(小松市)
         北木石ほか(笠間市)
         札幌軟石(札幌市)
         房州石(富津市)
   パネルディスカッション「日本の石のこれからについて」
        コーディネーター 橋本 優子 氏(宇都宮美術館 専門学員) 
【2日目】エクスカーション
と き  12月15日(日) 9時~
内 容  ●一日コース 
     ●半日コース
注 意  事前申し込みが必要です。
     参加料はかかりませんが、入館料、昼食代は別途必要です。


パネルディスカッションのコーディネーターである橋本優子氏は、iP-Uの必修科目「イノベーティブ・デザイン入門」の講師も務められました。
デザインの授業では、皆さんは「デザイン」という言葉には「問題を発見し解決する」という意味も持つことを学び、午後のポスター発表の課題として「大谷石について発信する」に取り組みましたね。
今回のシンポジウムは、大谷石だけでなく全国の石文化について考えます。