修了生からのメッセージ

●iP-U修了生 沼野井志穂さん(国際教養大学国際教養学部1年)

「iP-Uと大学生活」           

皆さんこんにちは。iP-U1期生の沼野井志穂です。今回、機会をいただいたので、大学生になった今、iP-Uがどう活きているのかや大学生活について書かせていただきます。

私は、2年生から3年生にかけてiP-Uで活動させていただき、特に選択科目BのEC Labを受講していました。ネイティブの方との1体1のコミュニケーションは、最初は緊張しましたが、先生方はつたない英語でもじっくり聞いてくれて、わかりやすい英語でしゃべってくれたので、英語に自信のなかった私でも会話を楽しむことができました。この授業のおかげで、もともと英語が好きだった私ですが、ますます好きになり、今の大学を選ぶ一因となりました。また、応用化学科の研究室でお世話になり、緑色蛍光蛋白質についての実験を行う機会を得ました。そのことをきっかけに化学の面白さに気が付いた私は、9月から大学で化学の講義を受けることに決めました。このようにiP-Uで学んだことは、大学生になった今でも活きてきます。皆さんも興味のある授業はどんどん受講してください。

ここで、私が通う国際教養大学について紹介したいと思います!

・授業がすべて英語

・1年間の留学義務付け

・1クラスあたり平均学生数18名

・24時間365日開館図書館

・教員の半数は外国人

・学生の23%は留学生

・就職率100%

なかなか忙しい日々を送っていますが、充実した毎日です。皆さんもiP-Uも勉強も頑張って素敵な大学生活をおくってくださいね!

 

国際教養大学の自慢の図書館の写真を付けておきます。よくテレビにも出ているんですよ!